おうちカフェの本家サイト「favorite life」もよかったら遊びに来てね!
蒼い三日月」も始めました
<< 泣いているだけでいいのか | main | 小耳に挟んだ話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
谷中フリーク
さんだら工芸
【とっても素敵なお店、さんだら工芸】

今日は相棒の希望で日暮里〜谷中探検にいざ出発!

行きの電車で10分早く船橋駅へ着いた私。特急電車の時間まであと15分もある。ここで乗り換えするんだけど京成船橋駅は暗くてどうも好きじゃない。駅員さんに聞いたら「少しでも早く行きたかったら次の快速で青砥で乗り換えしたほうがいい」って言うのでそれで行きましたとも。

乗り換えて「たったの5分」しか時間が変わらなかった(涙)

日暮里で相棒と待ち合わせて駄菓子屋横丁へ。

お店の数は10軒ぐらい。私はここで「おばけカードけむり」を買った。なんでも指でこすったら煙が出るらしい。

その後浅倉彫塑館へ行く。ここがめっちゃ素敵!!「これ、いくらするんやろう、高そうやで」<と連発さっこ

ここは超お薦め!!

その後色々歩くと私の好きなお店発見!骨董あり沖縄ガラスあり、アジアのものあり。だが「お店の人」がいない。無用心な店である。「すみません」と声を掛け外も廻るが誰も来ずあきらめて次へ。

色々探索すると外れたところに「竹細工」のお店が。店構えもすごく上品でいい。
「こんにちわ」と相棒が声を掛けて入り私も続けて「こんにちわ」と挨拶をすると「いや、来ると思っていたから涼しくしてました」と最初からのりのいい店主。話好きで色々説明をしてくれる。私はマドラーがなかったので竹のマドラーを買いお金を払ったら店主がお店の奥のほうへ行き紙に包んでくれようとしたら「5000円のカゴ」を思いっきり蹴ってかごが転がる。

その姿が可笑しくて噴出しそうになるのをこらえて「だ、大丈夫ですか」と声を掛ける私たち。お店の中には非売品が何点かある。あるところからとてもこだわりのある客が来て「この器には京都の〇〇と言うお菓子を入れる。京都のお菓子でなくてはいけない」と京都のお菓子に非常にこだわっていた。その人「これを気に入ったから置いといてください、後で取りに来ますから」と言うので非売品にしておいた。「それでいつ位に取りにきたのですか」と聞いたら「5年後に来た」と店主が言うとすかさず相棒が「5年も置いていたら取りに来た時にいい色になっていたでしょうね」と言うと「うん」と答えたものだから可笑しくて吹き出してしまった。

めちゃ楽しいおっちゃんだった。

そのあと閉まっていた店に行くと店主がいた。「さっき来たら留守でしたよ」と声を掛けると「ああー、お昼前ね、いなかったんだ」とあっけからん。ちょうど店内で半額セールがあって他のも安くないかと聞いたら相棒の欲しい食器は安くなるって言うから「いや〜ん、私のスプーンも100円ぐらいまけて欲しいなあ」とぶりっこおばちゃん攻撃をかます。
「いや、あれはだめだな」って言うから「いいな、〇〇は安くしてもらってと小判鮫状態の私が言うと「もう少し買ってくれたら安くするよ」と言うので「ほんと」と聞き返す私の笑みに参ったのか<時々妄想癖が出ますよて

「じゃあ、100円安くする代わりに1本おまけするよ」「ええっー、ありがとう!!!」と大喜びする私に「あ、それのほうが損だった。100円安くするほうがよかった」としまったという顔をする店主に「いやぁ〜、1本つけて、それのほうがいいわ」と悩殺笑顔<ここまで書く私、病気か

「じゃあ、つけておきます」と半ばあきらめた笑顔で答えてくれる店主

「ホームページでもよくしてくれたって書いておきます、宣伝しておきます」と言ったら「いやあ、年に一回ぐらいクロワッサンやら@@(忘れた)と言う雑誌の小山さんていう人が取材に来ます」


ぎょえー、小山さんって「和の雑貨12ヶ月」(多分)を書いた人だ。


そんな有名人が紹介する穴場の店とは!とってもめっめんもん!!

ここのお店のものどれもすごく素敵でよかったし何よりも朴訥な店主がとっても楽しかった。


噂の谷中カフェも行ったし、楽しいお店のおっちゃんを二人も発見したし
町並みは妙に懐かしい雰囲気で大好き♪

★谷中探検はちがじかホームページでアップします★


(・e・) ランキングに参加してます。今日もラブクリック してもらったらめちゃ嬉しい!グッド 



web読書会参加者募集中です。見るここ
| sakko | お店探検 | 23:48 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:48 | - | - |









http://sakko.jugem.jp/trackback/21
日暮里駄菓子屋横丁
上野、錦糸町とともに東京の三大駄菓子問屋街と呼ばれ、最後まで残っていた荒川区日暮里の駄菓子屋横丁は平成19年に開通予定の新交通システム「日暮里・舎人(とねり)線」の整備工事などに伴い、8月末で取り壊されことになった。日暮里の駄菓子屋横丁は終戦後の闇市
| 荒川ネット−ウエブログ | 2004/08/28 9:27 AM |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

このページの先頭へ