おうちカフェの本家サイト「favorite life」もよかったら遊びに来てね!
蒼い三日月」も始めました
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
事件の報道とプライバシー
先日、悲惨な事件に巻き込まれた小学生の事件の詳細が何かあるたびにメディアで報道される

昨日の夜にヤフーのトピックスで

「女児の衣服に大量の髪の毛と体毛が付着していた」とありその説明として髪の毛は何かに接触した時に抜け落ちるとあった。と言うことは体毛もしかりだ。

髪の毛、体毛が抜け落ちる、そこから連想されるものは個人によって違うと思うがただ、同じ子どもを持つ親としては「そこまで報道する必要」があるのかと疑問に思う

神戸の少年が殺されたときも家族のことを含んで赤裸々に事件の詳細が報道された少年の父親が「いつも子どもの写真をつけて報道されたうえに家族のプライバシーまで報道され、辛い思いをしている」とコメントしていたように思う

被害者の遺族は悲惨な事件によって神経をずたずたにされてなおかつ、色んな聞きたくないことまで報道され、住所・両親の名前までもが全国に知られてしまう。

そしてその事件が起こった地域で生きていくのだ。

悲しい事件を背負った遺族が地域で生きてゆけるような事件の報道をしてほしい。

遺族を報道という手段によって2度までも傷つけてしまうことは絶対にあってはならない。

今、私の憂おいは女児の画像が犯人によってインターネットに送りつけられないかということである・・・・

見る人気ブログランキング

ラブを1日1クリックお願いします(・e・)。
| sakko | 思うこと | 12:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
奈良県で誘拐された幼い女の子が次の朝、溝に座ってうつむいた状態の遺体で発見された。

死因は溺死とニュースで報じていた


朝のニュースでコメンターが「いたずら目的で連れていき抵抗されたために殺したのでしょう。しかも遺体の画像まで送りつけて遺族をもてあそぶ残酷さ」とコメントしていた。


またそのときに母親が画像を見てひっくり返ったとも報じていた

それもそのはずだ。

歯を抜かれ体の一部を切られているというのだから

人のすることじゃない。

いたいけな子どもにそこまでする神経っていったいどんなものだろう

いたぶって殺すだけでは気が済まずその画像を家族に送りつける


人の仮面をつけた鬼の仕業


俺俺詐欺から今度はやくざをかたりお金を巻き上げる犯行が増えている

震災でぼろぼろになった人たちのところに押しかけては何かを盗み、騙す

さまは芥川龍之介の「羅生門」を思い出させる


昔、刀の切れを試しに人を斬って「切捨てごめん」とあったように

人の心は残酷さを持ち合わせている

最近の事件を見ていると人の心をなくし、自分の欲望の為にだけしか生きない人間が増えてきているように思う


どうなってしまうのだろう、この世の中は・・・・


今はただ、ただ亡くなった女の子や遺族の無念をはらすためにも鬼のような犯人が捕まることを心から願うばかりだ。



見る人気ブログランキング

ラブを1日1クリックお願いします(・e・)。


| sakko | 思うこと | 12:53 | comments(5) | trackbacks(1) |
魚の焼き加減
100円の食器
【陶器のスプーン】

テレビでコラーゲンを多く含むというものに

鮭があった。

「おおっ、鮭は家でも良く食べているわ」とほくそえんいたら

ただし、皮に多く含まれていますから強く焼くと失われてしまいますとあった

「お母さん、鮭はあまり焼かないで、ぱさぱさするし」といつも1号に言われている。

「さっこは魚を焼きすぎや」とダンナにも再三言われている

しっかり焼かないと気が収まらない。

色がつく→生焼けにはなっていないと図式が出来上がっている変な私のこだわり

今朝の1号の弁当のおかずの鮭はほどよく焼けたのでコラーゲンは確保できた。

変なこだわりと言えば昨日のお昼に起きていた二人の子ども

お昼はカレーだ

昼からカレーはおかしい
カレーは夜の食べ物や」と言い張り

冷凍チャーハンを食べた1号

「僕も、昼からカレーは変な。」と1号のまねオトコ2号

「じゃあ。、卵ご飯をすれば」と声を掛けると作って食べていた

昼から、チャーハン、卵ごはん。。。

カレーと大差ないやろっ!!


今日も よかったらラブをクリックお願いしますグッド
| sakko | 思うこと | 11:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
日本直販で欲しいもの
book mark
【鳥の形のしおり】

テレビのコマーシャルで引きずり込まれるように見てしまった。

日本直販のイワタニの電動スライサー。

大根や山芋のすりおろしもすいすい、しかも最後まで綺麗にすれているじゃないか。

大根をすっては親指をすり、血だらけになることもない

いいな、いいな。

と見ていたら

次に「スチームアイロン」が出てきた。

「掛けている服に、こうやってスチームを当てるだけで、ほら、こんなに綺麗になります」と言う司会者の笑顔。

ほんとだ。皺がない。見る見る綺麗になってゆく服の皺。

アイロンを掛けたにもかかわらず、皺の残るカッターシャツ。

どうで見ても「我が家の必需品」だわ。こりゃ。


こうやって家事の不得意なオンナを

ゲットしてゆくのね、日本直販
(爆)


見る今、人気のブログランキングがわかります

今日も ラブをクリックして応援してね♪グッド

| sakko | 思うこと | 20:17 | comments(4) | trackbacks(0) |
泣いているだけでいいのか
今日のテレビの「世界がもし100人の村だったら」を見た。
アルゼンチンのストリートチルドレンの13歳の女の子の出産話、ロシアの両親からの虐待で家を出てストリートチルドレンになった男の子の話、生まれたときから奴隷という宿命を負って生まれた女の子の話。

アルゼンチンの女の子が一人で出産することに対する不安から涙を流すシーンには私も涙が出た。初めての出産というのはとても不安なもの。しかし私には励ましてくれる夫や母親がいたし傍で見守ってくれた。だから余計に13才の女の子の不安が痛いほどわかって思わず涙が出た。

彼女たち、子どもは過酷な運命を強いられている。抗うにも抗うことの出来ない運命に翻弄され希望も見えない。

番組のゲスト達は何かあるたびに涙を流す。

その姿を見るうちに段々腹が立ってきた。

かわいそうと思うから涙が出る。現実を見て考えることがあれば泣くばっかりじゃないだろ。

番組で何回か募金の呼びかけのテロップが流れる。

「お金を送ればいいのか」

2号が小学2年生の時に読んだ「子どもの値段」と言う衝撃的な本。
誘拐されて売春宿に閉じ込められわずか10歳にも満たない少女が1日に15人ものお客をとらされる。生きるために8歳の男の子が男の子を好きな男性の膝に座り交渉をする姿。
世の中には考えもつかないような状況に置かれながら必死に生きている子どもがたくさん、いる。

私も少しでも役に立てばとワールドビジョンでお金を送った(一人では大変なのでグループで分けて)

確かにお金は大事で何をするにもお金がいる。

でも一番大事なのは問題に対する意識を深め子ども達の現状を改善していくように世論を高め状況を打破していかねばならない。
ただ、「かわいそう、だからお金を送ってあげて」だけで終わってほしくない。

みんなでもっともっと考えてほしい。



(・e・) ランキングに参加してます。今日もラブクリック してもらったらめちゃ嬉しい!グッド 



web読書会参加者募集中です。見るここ
| sakko | 思うこと | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
本当の加害者
新生児が性器を母親に切断された事件はご存知だろうか。
何も知らずに新聞を読んだ時はひどい母親だと思った。いや、今でも行った行為を考えるとひどい母親だと思う。しかし、彼女を取り巻く人間関係が浮き彫りにされた週刊誌を読んで彼女の背景が見えた。
10歳から養父に性的暴力を受け続け、妊娠し中絶。他の男性と知り合い逃げるように家を出て長男を出産し、その直後またしても養父にレイプされる。
そして住所を変えて男性と暮らすが性的暴力に加え、性器を傷つけられた。

女性は子どもの性器を見て「自分を苦しめるものとして憎しみを感じた

女性の行った行為は一人の人生を苦しめることになった。彼女は子どもに一生をかけて償いをしなければいけない。

しかし、彼女の人生を大きく狂わせ地獄の苦しみを味わせた養父と同棲していた男性の罪はどうなるのだ?
養父にも刑罰を与えてほしい。
10歳の何も抵抗も出来ない子どもを10年以上に渡ってレイプし続けて妊娠までさせた鬼。

そしてその鬼を許した母親はどうなのだ?わが子がレイプされ続けていたことを知らないことはないだろう。

親権。
子どもが駆け込むことが出来る場を作ってほしい。そしてその時に親権を主張しても子どもは保護されるような組織作りをしてほしい。
彼女の罪は彼女自身が作り上げたものではなく、廻りによって作りあげられた。彼女も被害者。
そして本当の加害者は紛れもなく養父である。


ラブ(・e・)人気ブログランキングに参加していますよかったらクリックしてねラブ
| sakko | 思うこと | 22:55 | comments(2) | trackbacks(0) |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

このページの先頭へ