おうちカフェの本家サイト「favorite life」もよかったら遊びに来てね!
蒼い三日月」も始めました
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
妻のすすめ
chum
[ chum]


先日の雨の降りしきる夜中近くに少し離れた駅まで迎えに行かされた帰り道

「明日も@@へ行って帰ってきて次の朝もそこへ行かなきゃいけない」とダンナが私に話す

ダンナの会社の上司に不幸がありそのお手伝いがあるのだ

ってことは二日も送迎さっこ?


やんぴー

「泊まってきなよ、二日も大変やん」

「ああ、そういう手もあったんやな!」<って早く気づけよ

「うん、そうしたらいいよ」

「でも、どこへ泊まろうかな」と独り言のようにつぶやくから

「カプセルへ泊まってきな、カプセルに」

「どこへ泊まるかは考えて、じゃあ泊まってくるわ」

「うん!そうしなそうしな」と上機嫌の妻に

「やけに嬉しそうやな」とダンナが答える

あったり前田のクラッカだわさ<ふるっー

送迎しなくてもいいもんねっ!


次の夜、ダンナからメールが来た

「ホテルに着きました」と

「お疲れさま」と返事を返しただけで「どこのホテル」に泊まっていることも知らないし聞こうともしないいい妻なのだ

まだ結婚していない人へ
「あなたがいなくて寂しいわ」って思うのは結婚してちょっとの間だけよ〜

見る人気ブログランキング

ラブを1日1クリックお願いします(・e・)。




| sakko | 家族の突っ込み話 | 09:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
なんじゃい、あんた!
金曜日の晩は課の歓送迎会で楽しいひと時を過ごした

前から絶対に面白い人だと思っていた女の子が河村隆一の真似をしてめちゃ受けた。

楽しい余韻を残したまま家に帰ってきたら「カツカレーと野菜サラダを作ってほしい」と言ったダンナはまだ帰っていない

夕方忙しいめをして作っていったサラダは子どもたちも食べることなく原型のままテーブルにある

12時30分を周りようやくご帰還のダンナは

ハイテンションの塊


酒を飲むとこうなる。郵便ポストを跳び箱代わりに飛ぶぐらいだから

へらへらご機嫌

息子には「サラダだけでいいとか」メールを送ってきたのに

「カレーを食べたい」と言い出した。

自分でしなよと言ったらへらへら温めはじめ、挙句の果てに「肩、凝ってるちゃうか」と頼みもしないのいにえらい力でもみだす。

酔っ払いはほっといて寝たらそのまま食べてソファーで寝たようだ


次の朝、布団に戻っていたダンナは1号が起きるのと同じに起き出し

「もう起きたん」と聞く私の布団を押してこう言った

「もうじき、生まれるから、2号の弟が」


と妊婦のお腹を押す医師のようにまた2回ほど私の布団を押し


私が足で蹴ろうとしたら昨日の晩、「私、足がむくんでいる」と言ったのを覚えていたようで私の足を見ては「むくんでいるって?がはは」と笑い

「太っただけや、そやけどえらい太ったな、

短くて太いわ、この足

と私の足を掴んで大笑いした

100叩きの刑やわ、このおっさんは!

見る人気ブログランキング

ラブを1日1クリックお願いします(・e・)。


| sakko | 家族の突っ込み話 | 09:38 | comments(2) | trackbacks(2) |
2号大へ〜んしんの巻き
服装はいまどきだけど、髪型がいまいちだった2号が昨日、仲良しの男の子とカットへ行った。

1号と二人で夕飯を食べていると2号が帰ってきて二人で思わず

「おおっー」と声を上げた

超いまどきの髪型にワックスで髪を立たして

「あんた、誰?」と言いたくなるよう変身ぶりだ

「どこで切ったんや?」と思わず1号も聞いたぐらい


それからして

夜も遅くに2号が2階からすたすたと降りてきた

そして私にこう言った

「お母さん、わかる??」

じィっつーと2号の顔を見る

へへのもへじの「へ」型に整えた眉毛が目に入る

「おおっ、眉毛をそったんや」

「うん、兄ちゃんに切ってもらった」

私に見てもらいたかったらしいので

「@@も段々お兄ちゃんになるね」と言いながら

何かに似ているぞ、2号の顔。。。

と思い出しながら

へのじの「へ」をマジックで書かれた犬の顔を思いだした


私は悪い母でしょうか(爆)

見る人気ブログランキング

よかったらラブをクリックして応援してもらったらウレシイです(・e・)。


| sakko | 家族の突っ込み話 | 23:29 | comments(2) | trackbacks(0) |
喀血ぶわーっ!
ビーケ好きな1号の元に通販カタログが届く。

カタログを見ている1号に「兄ちゃん、俺も頼もうかな?」と言う

2号は今、坊主頭がぼさぼさ伸びた状態で顔はコマーシャルで中井貴一と出てくるかっぱそっくり

「え?お前。買うんか?」とまさにビーケ服の上下を着ている1号がびっくりする

ちょっと詰まった2号は

だってさ、大きい服を着たいもん」と答えたが、ふっふっ、母は覚えているよ

1号が合宿でいないとき、1号のビーケ服の上下を着て嬉しそうにしているので「デジカメで撮ってあげようか」と聞くと嬉しそうにうなづいて

かっぱには似合わないこわおもての顔を作った


ぶぶっー(笑)

「おまえ、そんな服を着ていると絡まれるぞっ」ってアンタ、着ているじゃん

「俺、年上以外は怖くねぇ」

おおっー、そうだよな
昔、昔、1号の友達でごっつい子が遊びに来たとき、がちんがちんに緊張して何か聞かれようものならこわばった顔で「はい」「はい」と返事してたっけ(爆)
その挙句「@@、そんなに緊張しなくていいよ」とまで声を掛けられた(再爆)

そのあと、私が友達の家に持っていったシフォンケーキの写真を見て「おいしそうやな」

「そーやろっ:喜ぶ母を見て私が作ったとわかり

「ケーキの上の生クリームが」と答えた

その性格、誰に似たんだよう!!しばいたるでぇ

見る人気ブログランキング

ラブを1日1クリックお願いします(・e・)。




| sakko | 家族の突っ込み話 | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
1号の反抗期の話
カレンダー


昨日、1号と得意の叩きあいをしていた。17歳の鍛え盛りの男の子に勝てるわけもないのにひしこいてハーハ言いながら「負けるもんかぁ!!」と取っ組み合い<何をしているんですかねぇ、このおばはんは

最後に羽交い絞めにされた時、こういう光景があったことを思い出した

1号の誕生日の日。夕方おなかを空かせて帰ってきた1号は「マーボ豆腐と焼き魚」を見て「こんなに夕飯じゃない、しかも俺の誕生日に」と切れだした

「うるさいっ!文句言わんと食べ!」と怒ると「いらんわ」と言うので
「食べやんでもええわ」

「いらんわ、そんなもの」とはき捨てるように言うので「あほっ!」と一発叩いたら

なんと、ばこーんとお見舞いを返された。

ふざける以外に叩くなんて考えれなかった1号にびっくりしなからぼんと体を押したらドンと思いっきり押し返されてふらつく

子どもに負けるものかと意地になった私は突進しては軽く跳ね返された

1号と私のぶつかり合いを目の前にして2号は災いが振ってこないようにひたすら視線が合わないように下を向いてひたすら食べていた

ボンボンしているうちに1号に羽交い絞めにされて身動きが出来ずバタバタしていたら

さすがにびっくりした2号が大きな声で「兄ちゃん、やめろっ」と言って1号にくらいついた。

それで1号は私を放した。

おおっ、助けてくれたか、2号、ありがとう。。と思って2号を見るといない。
あれ?あれ?

と思ったら
2号は何事もなかったようにま

たしても下を向いてご飯を食べていた


がくがくっ、さすが、次男は違うね〜。これ以上助けたら兄ちゃんにやられると判断したのだろう(爆)

そんな親子喧嘩もそれ以来、起こしてない

そんなこともあったなと思いながら1号の腕を引っかいた

はーはー荒い呼吸をしながら「ねーねー、お母さんさ、強盗に襲われて羽交い絞めにされたらやっぱ助からんなぁ」と言うと「こっちへ来て、教えてあげる」とまた私を羽交い絞めにして「さ、俺の顔を殴ってみ、そうしたらいいいんや」


う〜ん、何やってんだか、この親子(再爆)


で、リビングでドタバタやっているのを聞いていた2号は喧嘩を勘違いし普段よりいっそうお風呂が長かった

触らぬ神に祟りなし!うん、あんたはどこでも生きていけるよ、2号!!見る人気ブログランキング

ラブを1日1クリックお願いします(・e・)。


| sakko | 家族の突っ込み話 | 23:48 | comments(2) | trackbacks(0) |
夫婦のなれそめ話
「お母さん、お父さんとどうやって知り会ったん?」と1号

「仕事の関係で知り合った」

「でさ、どっちが付き合ってて聞いたん?」

「え〜、どっちもそんなこと言ってないよ、自然に付き合うようになった」

「ちぇっ、つまんねーの」<だったら聞くな!


「でさ」<まだ聞く気かいな

「デートの時はどこへ行った?」<面倒くさいなぁ

「居酒屋へ飲みに行ったりご飯を食べに行ったり」

わ、きもー、考えただけでもきもー」<なんできもいんじゃぁ!!

「でさ」<ううー、まだ聞くのか、この暇おとこ

「どっちからプロポーズしたん」

「お父さんから」

「わ、きもー」って

あんた、そのきもーいお父さんとお母さんから生まれてきたんやろ

二人の馴れ初めは仕事で知り合った

最初、見たときに

私「額田の大君みたい」<髪型似ていた

ダンナ「ごっつい子やな」

さ、明日、また、続きを!

見る人気ブログランキング

ラブを1日1クリックお願いします(・e・)。

| sakko | 家族の突っ込み話 | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
もったいないオバケ
田舎から送ってもらった柿が熟してじゅくじゅく。

捨てるのにはもったいないし、

台所でさっーと洗って


むしゃぶりついていた

「お母さん、何食べてんの」と1号

「ばーちゃんから送ってきてもらった柿よ」


じゅるじゅる

「げっ、バイオハザードの初めのシーンみたいや」

「なに?」

「ゾンビが人を食べているんや。

ゾンビみたいやな、きもぉ
ー」



ふん、私はゾンビかいっ!


あんまり生意気を言うと「食ってやるぞ!」じゅるじゅる

見る人気ブログランキング

ラブを1日1クリックお願いします(・e・)。







| sakko | 家族の突っ込み話 | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
まだまだケツが青いよ
ぽち袋
【favorite lifeでも紹介したぽち袋】

昨日、2号が家に帰るなり自転車の前輪のタイヤが大きな音とともに破裂した。。。。前回、私が修理した<ぼそっ

腕が悪かったのかと思い、ヤマダ電機の中にある自転車屋さんへ持ち込み修理。2号と二人で車に乗せて(普通はダンナがするよな)ていざヤマダ電機へ

「お母さん、なんか恥ずかしいわ」

「何言ってんのよ、お母さんなんか一人で運んできたこともあるんだから、さぁ、片側持つから持って」と

二人でエレベーターに乗り込み、店内を自転車を引っ張って行く

「誰か、知ってる人に会ったら恥ずかしいなあ」と2号がきょろきょろする


ええいっ!そんなことで恥ずかしがってどないする!


昔、むかし、私が某ホームセンターで自転車を買い清算を済ましたあとに後ろにカゴをつけてもらった。

カゴをつけてもらい店内から外へ行くとき


入り口で友達にばったり会った


「お〜い!」と私が声を掛けると


鳩が鉄砲玉をくらったような顔で

「@、@@さん、店内からそうして来たの?」

「うん!」

自転車に乗ったまま

大きくうなずくさっこに


「ま、・・まぁ、・・いいけれど・・・」と

言葉を濁す友達であった。


ほれみ、自転車をヤマダ電機の中に運ぶことぐらいで


オトコノコははずかしがっちゃいかんよ、2号

まだまだ、ケツが青いわ。

わははっ、わははっ!


見る人気ブログランキングのランキングが見えます


今日もラブをクリックお願いしま〜す!(・e・)

| sakko | 家族の突っ込み話 | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
てへへ家族
牧場プリン
【牧場プリン、濃厚でクリーミで美味しい】

今日、6年も我が家で愛用されてきたソファーが粗大ゴミとして引き取られることになった。

昨日の晩、ダンナと1号とで庭に出してもらった。

庭に置かれたソファーを見ながら1号にに向かってダンナが

「@@、明日、このソファー引き取られるんやぞ」

「わかってるよ」<もっともだぁ

「ああ、最後になるなぁ、外で座ってみるのもええなぁ」

の声に外を見たら

夜なのに一人外のソファーに座っていた。

あ、頭、いたっい!

そして今朝のこと。

朝はかなり、肌寒くなった

時間は朝の6時45分だった、

ぼーと外を見ている2号<もしかして。。。

と思ったら案の定、外へ行きだした。

あ、あんたもかぁ〜〜〜


そして朝のはよから一人庭のソファーに座りなにやら考え深そうだ

家に入ってきてまた、外へ行く

「何してるんや?」と思ってそっーと見たら

ソファーに座っている自分を思い出として携帯写真に写している



うまく映らないようで2、3回写しなおしをしている

なんちゅーか、ほんちゅーか

ダンナといい、2号といい

「あんたら、おかしいんちゃう??」

私?

私も座りましたよ。

外へ行って車に荷物を載せようとしてソファーにつまずいたので

そのまま座って夜空を眺めましたとさ


変態家族ですわ(爆)


見る人気ブログランキング


今日もラブをクリックしてもらうと元気はつらつぅ〜のさっこです。よろしく!(・e・)

| sakko | 家族の突っ込み話 | 23:57 | comments(2) | trackbacks(1) |
顎がくがく
クロッカス
【庭のクロッカス】

昨日の晩、布団に入ると横で寝ていたはずのダンナが

私の頭の後ろをくいくいっと引っ張る

「なぁによ」

「気づかんのか」


「ぜ〜んぜん、どしたん」


「枕元の下にあるもの見てみ」

何かいなと思ってみたら、トイレの便座カバーだった

(洗濯物を取り入れたまま、たたまずに寝た)

「枕カバーの代わりにと思って」

おんどりゃ、血見るぞ!!と言う代わりに「日記に書いてやる」と答えた私。

この話しはもしかして、職場で受けるかと思って昼休みに帰り道に話すと


どちらも反応は

「ダンナさんも面白いのね、夫婦揃ってホント楽しいわね」と微笑む


あ、あの・・・・そんなリアクションですかい??

和む話じゃなくてさ、

「じゃあ、便座カバー、めちゃめちゃ広がってしまったんじゃない」

いや、心配する話じゃなくてさ




笑い話だちゅーの、

笑え〜〜〜〜!!




今日も よかったらラブをクリックお願いしますグッド



| sakko | 家族の突っ込み話 | 21:19 | comments(4) | trackbacks(0) |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

このページの先頭へ