おうちカフェの本家サイト「favorite life」もよかったら遊びに来てね!
蒼い三日月」も始めました
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
あまい、あまい!
キャノンのデジカメixy L50が欲しくてたまんない私は価格comやいろんなサイトを見てみてみまくりな日々

ららぽがだいぶ変わり大型電気店も入った言うのでダンナとチャリでららぽへレッツゴー

ャリをこぐ途中で一度止まったとき、ダンナが「サドルのカバーが外れている」とか「どろよけが曲がっている、危ないやろ、自分で直さなあかん」とか鋭いチェックをする


ぶーぶー言われながらもららぽへ着きましたよん

ららぽは広すぎて見るだけで大変です、疲れるけれど嬉しいことに東急ハンズが入っていて欲しいと思っていたパンを作るときに使うモルトシロップを見つけて買いました♪

その後は某電気屋へいざいざいざ〜

初め対応してくれたのは若いおにーさん

「幾ら安くなります?」と聞くと「これ以上は私は無理なので上司に聞いてきます」と言って上司を連れてきた

気のよさそうなおっちゃんが来た

「すみません、いくら安くしてくれます?」

「これ以上は無理ですね」

「あら。@電気では38000円でポイントがついているし00カメラでは35000円ですよ、だから、ここはいくら安くしてくれるかなと思って」

・・・これは価格comの口コミ掲示板の値段でほんとは船橋の@電気は広告よりは安くしてくれましぇ〜ん。

はったりのはったりこちゃんで責めましたとも


するとおっちゃんは「ううん・・・」と考えたのち値段をが下げてくれたけれどもまだまだ

ポイントつきで換算しても35000円にはならない

「まだ、安くなりません?」と交渉すると

「これ以上言うのだったら他で見てください」とやけくそな返事

断られちゃったよ(涙)

それでも凝りずに参考に色々見ていたら遠巻きにいたさっきのおっちゃんが

近寄ってきてまた私の横で色々説明しだした

話してくれるので私も価格comで読んで疑問に思っていたことを色々聞くと

これがまた丁寧に教えてくれる

調子に乗って延々と聞いていたらおっちゃんの後ろに立っていたダンナがしかめつらして手招きされ「ありがとう」と行って店を出ると

ダンナが

「仕事中やのにかわいそうやろ、あんなに説明させて」

「でも話してくれるんだもん」

「買う気ないんやろっ、どうせ」「うん」「オンナの人はそうなんだよな、オトコだったらあれだけ説明してくれたら買うわ」と言った後に更に

「可愛そうに、やけくそになって説明していたやん」

ちゃう、ちゃう、甘いなあ 

あのあと、仲良くなったところでにっこり笑って

「ところで、まけてくれへんかな?」ともう一回聞くるもりやったのに!

ダンナのせいでもったいないことをしてしまったではないか!

そのあと、ダンナの買い物に付き合っている私を鏡で見たら髪の毛がぼっさぼさ

「ちょっと、なんで私の髪に気づいてくれやんのよ」と抗議したら

「あれ?いつもそんなんやん」

チャリのどろよけとかの違いには乗っている本人よりも気づくのに妻にも

っと神経使わんかいっ!


見る人気ブログランキング

ラブを1日1クリックお願いします(・e・)。

 
| sakko | 私のこと | 21:43 | comments(1) | trackbacks(134) |
ええっと〜
そばはな
【はるぼうにもらった小さな花が咲きました】

昨日の夜に焼いたマーブルバウンドケーキが夕方帰ってくるとなかったらしく

「ない!ない!」とうるさい1号

「あのガキが食べたんや」と疑惑でいっぱいこ

「まァ、ええやんんか」と言っても

「あいつめ」

「あいつ、マジで太るわ」と怒っているのか心配しているか、わからん。

2号が塾から帰ってきてお風呂に入ったあと、1号がなにやら聞きに行き

リビングのドアを半分あけて

「お母さん、俺、学校へ行ったあとにマーブルバウンドケーキ食べた?」


ってあんたのほうが早く帰ってきたやんか!

「いや〜」

するとにこっと笑って


「やっぱ、あいつ嘘ついていたんやわ、お母さんが食べたって言ってたもん」と言っては風呂場に駆けつけて2号を取り締まる



子どもの頃、コップにジュースを注いだら


「あ、兄ちゃんのほうが多い」

「あほか、@@のほうが1ミリ多い」

って二人でコップを並べて見比べていたっけ


しかも、友達の家へ行っては兄弟二人でがばがばジュースを飲むもんだから「家でジュースを飲ませてないんちゃうか」と友達に言われ


その挙句、帰るときは「おばちゃん、僕が持ってきたお菓子、持ち帰るから返して」と催促するから

「ほんと、うまく育ててるね」といわれる始末(涙)


ええっと、なんの話しでしたっけ?


ああ、そうそう、仕事の帰り道にお茶して友達と電車に乗って話をしていたら友達が私の顔を見て急に笑うから

「また、しゃべりすぎ?」と聞くと

「いや、さっこの横顔を見ているとおかしくて、私、今まで人の顔を見て
笑ったの初めてや、わはは、さっこに対する抗体がうまくできなくて頭おかしくなったみたい」とまた私の顔を見て笑う。

悪いけれどさ、私も「マジ」

で顔を見て笑われるのは初めてだよっ!!


見る人気ブログランキング

ラブを1日1クリックお願いします(・e・)。

 
| sakko | - | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
そこまで変わるか、あんた!
小さなリース
(携帯で写した庭の小さなリース)

長渕剛

私が高校生の頃、とっても流行った。

髪を肩まで伸ばし「好きです、好きです、こっころからぁ〜♪」と歌っていた

歌が好きでよく聞いていた

な、なのに、なに?今の長渕

あの格好・・・ヤンキーあがり?!

松山千春

長い髪で高い声で歌っていた

歌詞の内容が好きだった


な、なのに、今はなに??

ゴールドのネックレスして派手な服を着て

やーさん!?

二人とも昔の反動なんですかねぇ。。。


ところで今日、ダンナが昔の知人に会ってびっくりされたと話す

「なんで?なんで?」

「お前ほどわからん奴は珍しい」と言われた

・・・・ああん、性格か

と思っていたら違って

「お前は昔と変わりすぎて全然わからんかった」

他の人にも言われたらしい


「ああー、昔は格好よすぎたからな」

「昔はよくても今、わからんようになったらあかんやん、

ああ、がまがえると結婚してしもたわ」


「同じことを返しておくわ」と言われたけれど


あんたと違って私が変わったのは

たいじゅうですから、残念〜!」


がまがえる斬り!!

見る人気ブログランキング

ラブを1日1クリックお願いします(・e・)。
| sakko | ミーハー | 20:08 | comments(2) | trackbacks(0) |
事件の報道とプライバシー
先日、悲惨な事件に巻き込まれた小学生の事件の詳細が何かあるたびにメディアで報道される

昨日の夜にヤフーのトピックスで

「女児の衣服に大量の髪の毛と体毛が付着していた」とありその説明として髪の毛は何かに接触した時に抜け落ちるとあった。と言うことは体毛もしかりだ。

髪の毛、体毛が抜け落ちる、そこから連想されるものは個人によって違うと思うがただ、同じ子どもを持つ親としては「そこまで報道する必要」があるのかと疑問に思う

神戸の少年が殺されたときも家族のことを含んで赤裸々に事件の詳細が報道された少年の父親が「いつも子どもの写真をつけて報道されたうえに家族のプライバシーまで報道され、辛い思いをしている」とコメントしていたように思う

被害者の遺族は悲惨な事件によって神経をずたずたにされてなおかつ、色んな聞きたくないことまで報道され、住所・両親の名前までもが全国に知られてしまう。

そしてその事件が起こった地域で生きていくのだ。

悲しい事件を背負った遺族が地域で生きてゆけるような事件の報道をしてほしい。

遺族を報道という手段によって2度までも傷つけてしまうことは絶対にあってはならない。

今、私の憂おいは女児の画像が犯人によってインターネットに送りつけられないかということである・・・・

見る人気ブログランキング

ラブを1日1クリックお願いします(・e・)。
| sakko | 思うこと | 12:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
妻のすすめ
chum
[ chum]


先日の雨の降りしきる夜中近くに少し離れた駅まで迎えに行かされた帰り道

「明日も@@へ行って帰ってきて次の朝もそこへ行かなきゃいけない」とダンナが私に話す

ダンナの会社の上司に不幸がありそのお手伝いがあるのだ

ってことは二日も送迎さっこ?


やんぴー

「泊まってきなよ、二日も大変やん」

「ああ、そういう手もあったんやな!」<って早く気づけよ

「うん、そうしたらいいよ」

「でも、どこへ泊まろうかな」と独り言のようにつぶやくから

「カプセルへ泊まってきな、カプセルに」

「どこへ泊まるかは考えて、じゃあ泊まってくるわ」

「うん!そうしなそうしな」と上機嫌の妻に

「やけに嬉しそうやな」とダンナが答える

あったり前田のクラッカだわさ<ふるっー

送迎しなくてもいいもんねっ!


次の夜、ダンナからメールが来た

「ホテルに着きました」と

「お疲れさま」と返事を返しただけで「どこのホテル」に泊まっていることも知らないし聞こうともしないいい妻なのだ

まだ結婚していない人へ
「あなたがいなくて寂しいわ」って思うのは結婚してちょっとの間だけよ〜

見る人気ブログランキング

ラブを1日1クリックお願いします(・e・)。




| sakko | 家族の突っ込み話 | 09:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
奈良県で誘拐された幼い女の子が次の朝、溝に座ってうつむいた状態の遺体で発見された。

死因は溺死とニュースで報じていた


朝のニュースでコメンターが「いたずら目的で連れていき抵抗されたために殺したのでしょう。しかも遺体の画像まで送りつけて遺族をもてあそぶ残酷さ」とコメントしていた。


またそのときに母親が画像を見てひっくり返ったとも報じていた

それもそのはずだ。

歯を抜かれ体の一部を切られているというのだから

人のすることじゃない。

いたいけな子どもにそこまでする神経っていったいどんなものだろう

いたぶって殺すだけでは気が済まずその画像を家族に送りつける


人の仮面をつけた鬼の仕業


俺俺詐欺から今度はやくざをかたりお金を巻き上げる犯行が増えている

震災でぼろぼろになった人たちのところに押しかけては何かを盗み、騙す

さまは芥川龍之介の「羅生門」を思い出させる


昔、刀の切れを試しに人を斬って「切捨てごめん」とあったように

人の心は残酷さを持ち合わせている

最近の事件を見ていると人の心をなくし、自分の欲望の為にだけしか生きない人間が増えてきているように思う


どうなってしまうのだろう、この世の中は・・・・


今はただ、ただ亡くなった女の子や遺族の無念をはらすためにも鬼のような犯人が捕まることを心から願うばかりだ。



見る人気ブログランキング

ラブを1日1クリックお願いします(・e・)。


| sakko | 思うこと | 12:53 | comments(5) | trackbacks(1) |
ひとこと多い!?
夕方、買い物へ行ってぶらぶらきょろきょろしていたら

前から来たオンナのひとの髪の毛に目が釘付け。。。


ううん・・・???

で、通り過ぎてもじィっーと見たらやっぱりこ


でもと思って近くでまた見てしまった


こりゃ、言わな


「あのー、すみません、髪に」と言った瞬間


そのオンナの人の耳元の髪に止まっていた超でっかいハエは

ぶ〜んと飛んでいった


それを見たオンナの人はちょっと恥ずかしそうに笑いながら


「ありがとう!」と言った

それにしても最近では見たことがないぐらいでっかいハエだった。。

スーパだけに(笑)

見る人気ブログランキング

ラブを1日1クリックお願いします(・e・)。




| sakko | びっくり話 | 21:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
あんぽんたん
今日のこと。

車にガソリンを入れようとガソリンスタンドに寄った。

「満タンでお願いします」

「はい、わかりました」

すこしして「フロントを拭くのにどうぞ」とタオルを渡してくれた

★以前、私はこのタオルを顔を拭くものだと思って手を拭いた

窓をぽんぽん叩かれて外からおにーさんが

「すみません、端数が出るので車を揺らします」


・・・・車を揺らす??どうやって??


ハンドルを持ち、2、3回揺ら

していると


「あのー、僕が揺らします」と言って

おにーさんが車を揺らした。。。。


ううっ、はずかし、あんぽんたん(涙)

見る人気ブログランキング

ラブを1日1クリックお願いします(・e・)。




| sakko | 私のこと | 19:40 | comments(0) | trackbacks(2) |
なんじゃい、あんた!
金曜日の晩は課の歓送迎会で楽しいひと時を過ごした

前から絶対に面白い人だと思っていた女の子が河村隆一の真似をしてめちゃ受けた。

楽しい余韻を残したまま家に帰ってきたら「カツカレーと野菜サラダを作ってほしい」と言ったダンナはまだ帰っていない

夕方忙しいめをして作っていったサラダは子どもたちも食べることなく原型のままテーブルにある

12時30分を周りようやくご帰還のダンナは

ハイテンションの塊


酒を飲むとこうなる。郵便ポストを跳び箱代わりに飛ぶぐらいだから

へらへらご機嫌

息子には「サラダだけでいいとか」メールを送ってきたのに

「カレーを食べたい」と言い出した。

自分でしなよと言ったらへらへら温めはじめ、挙句の果てに「肩、凝ってるちゃうか」と頼みもしないのいにえらい力でもみだす。

酔っ払いはほっといて寝たらそのまま食べてソファーで寝たようだ


次の朝、布団に戻っていたダンナは1号が起きるのと同じに起き出し

「もう起きたん」と聞く私の布団を押してこう言った

「もうじき、生まれるから、2号の弟が」


と妊婦のお腹を押す医師のようにまた2回ほど私の布団を押し


私が足で蹴ろうとしたら昨日の晩、「私、足がむくんでいる」と言ったのを覚えていたようで私の足を見ては「むくんでいるって?がはは」と笑い

「太っただけや、そやけどえらい太ったな、

短くて太いわ、この足

と私の足を掴んで大笑いした

100叩きの刑やわ、このおっさんは!

見る人気ブログランキング

ラブを1日1クリックお願いします(・e・)。


| sakko | 家族の突っ込み話 | 09:38 | comments(2) | trackbacks(2) |
2号大へ〜んしんの巻き
服装はいまどきだけど、髪型がいまいちだった2号が昨日、仲良しの男の子とカットへ行った。

1号と二人で夕飯を食べていると2号が帰ってきて二人で思わず

「おおっー」と声を上げた

超いまどきの髪型にワックスで髪を立たして

「あんた、誰?」と言いたくなるよう変身ぶりだ

「どこで切ったんや?」と思わず1号も聞いたぐらい


それからして

夜も遅くに2号が2階からすたすたと降りてきた

そして私にこう言った

「お母さん、わかる??」

じィっつーと2号の顔を見る

へへのもへじの「へ」型に整えた眉毛が目に入る

「おおっ、眉毛をそったんや」

「うん、兄ちゃんに切ってもらった」

私に見てもらいたかったらしいので

「@@も段々お兄ちゃんになるね」と言いながら

何かに似ているぞ、2号の顔。。。

と思い出しながら

へのじの「へ」をマジックで書かれた犬の顔を思いだした


私は悪い母でしょうか(爆)

見る人気ブログランキング

よかったらラブをクリックして応援してもらったらウレシイです(・e・)。


| sakko | 家族の突っ込み話 | 23:29 | comments(2) | trackbacks(0) |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

このページの先頭へ